今月のピックアップ

かりん

エイジラインナップ&作品大特集

ゼロイン
Characters
爲妹みくる 爲妹みくる
学園のアイドル的存在でありながら、凶悪犯と戦う民警第十三課のエージェントとして活躍する女子高生。アメリカ人の父親と日本人の母親の間に生まれたハーフだが、日本国籍を持つ帰国子女。祖父が開発した超近接格闘術”コマンド・ゼロ”の使い手で、どんな凶悪犯でも殺さずに捕らえることから”殺さずのみくる”の異名をとる。
白石 光 白石 光
みくるの同級生でいじめられっ子だったが、ある事件でみくるに助けられたのをきっかけに強くなることを決意し、民警に入隊した。チームの指揮を執る「キーパー」として活躍。みくるに恋心を寄せているのだが……? 父はノンキャリの警官、兄は警視庁勤めのエリート。妹の渉菜をかわいがっている。

紋条祁雫(故人) 紋条祁雫(故人)
実家がヤクザの姐さん系エージェントでみくるの同僚。かつて実家を襲撃し、家族を殺した殺し屋・黒犬への復讐を誓い民警に入隊。黒犬と戦い見事捕らえ、実家に帰ろうとしていた矢先、物取りとおぼしき男に撃たれ命を落とす。白石に想いを寄せていた節もあり、彼女の死はみくるや白石の心に大きな影を落としている。

式江美園 式江美園
警視庁捜査一係の刑事だが、みくるのいる第十三課に出向してきた敏腕エージェント。犯罪者に対しては、一切の甘さを見せず、射殺許可があれば、犯人を躊躇なく撃ち殺す。みくるとは犬猿の仲になっているが、まだまだ謎の多い存在。針を用いて相手の動きを止めるワザをもつ。

花友蔵 花友蔵
祁雫の死後、新たに第十三課に配属された新人エージェント。アメリカ帰りの刑事ドラマオタクで、自称ニックネームは「ロス」。「花ちゃん」と呼ばれるのを極端にいやがる。

藤田七実 藤田七実
民警第十三課主任。みくるや白石の属するチーム・ライトナイツのリーダーで現場戦闘の指揮を執る。部下から絶大なる信頼を得ており「団長」の愛称で呼ばれている。

久巻勇示 久巻勇示
みくるの祖父より直々に”コマンド・ゼロ”を伝授された民警創立時からのメンバー。現在は訓練所の教官としてみくるや祁雫、白石を一人前に育て上げた。ヘビースモーカ―で、通称「ヤニ教官」。

白石渉菜 白石渉菜
白石家の長女で、兄想いの優しい妹。料理が趣味で、兄・光のお弁当は渉菜のお手製。料理を通じて解りあった仲だけに、祁雫の死にはかなりショックを受けているようだ。

Interview
いのうえ空
――「ゼロイン」の企画が生まれたきっかけを教えてください。

もともと刑事ドラマが好きだったんです。大元はTVドラマの「西部警察」で、小学生くらいの時にあの派手派手なアクションに強く惹かれました。
で、刑事ドラマって面白いなって思い始めて、TVの洋画劇場などでも刑事モノの映画を中心に観出したんですよ。
そして、ある意味僕がマンガを描き始めるきっかけにもなったと言える作品に出会うことになりました。それが「リーサル・ウェポン」!
――最近では「サイン」に出ていたメル・ギブソンが主演の刑事アクション映画ですね。しかし、マンガを描き始めるきっかけになった、とは……・

とにかく映像がカッコ良かったんですよ。ガンアクションも、拳銃を連射してカートリッジが飛び散って床に落ちる音とかも入っていて……意識してガンマニアになったきっかけの作品でもありますね(笑)。
それで、次の段階として、こんな風なカッコ良いシーンを自分でも描いてみたいなぁとなっていって……そこからマンガを描き始めるワケです。

――なるほど。それは良いお話です(笑)。

「リーサル」以降は、ガンアクションモノを片っ端から観ていって、TVドラマの「あぶない刑事」にたどり着きます。
これは、キャラ同士の粋なやりとりとかがすごく好きで、その流れで洋TVドラマの「マイアミバイス」へとつながって……。

――「ゼロイン」のみくるの愛銃が、ブレン・テンになったのも……

そう、「バイス」(笑)あのかっこ良いファッションと主人公の内面のギャップとか、「ゼロイン」にも取り入れていきたいですね。

(ドラゴンエイジ2003年7月号「ゼロイン」第1回掲載時のインタビューを再録したものです。)

comics
ゼロイン(1)〜(2)

角川コミックスドラゴンJr.

ゼロイン(1)〜(3)
各巻定価:609円(税込)
リアルバウトハイスクール全6巻
角川コミックスドラゴンJr.

リアルバウトハイスクール全6巻
原作:雑賀礼史
作画:いのうえ空
(1)〜(5)巻 定価:609円(税込)
(6)巻 定価:672円(税込)
ゼロイン(1)〜(2)
DRAGON COMICS

いのうえ空DX
いのうえ空
定価:777円(税込)