今月のピックアップ

かりん

エイジラインナップ&作品大特集

ドロテア
作品紹介
15世紀末のドイツ…異端や魔女は排され狩られる時代。ナウダース地方にはアルビノの子供たちを神聖視する風習があった。物語の主人公・ドロテアもそうした子供の1人である。
しかし、キリスト教全盛のこの時代、そうした風習は異端視され、排斥の対象とされる。
「『白の家』に異教徒の嫌疑がかけられている」2年ぶりに戻ってきたドロテアの幼馴染み・ギュルクは郷の危機を告げた……。 「故郷を、そして『白の家』を守りたい!」決意を胸に、ドロテアは戦場へ向かうーー。

comics
待望のコミックス(1)(2)巻、2か月連続刊行!!
第(1)巻好評発売中、第(2)巻は5月1日に発売!

コミックス内容紹介
1巻
[第(1)巻]
2年ぶりに郷へ帰ってきたギュルク。ドロテアは幼馴染みとの再会を喜ぶが、彼の口から告げられたのは、「白の家」に異端の嫌疑がかけられているという現実だった。郷と「白の家」を守るため、ドロテアは傭兵団への入団を決意する!
2巻
[第(2)巻]
剣技の腕前をギュルクに認められることにより、傭兵団への入団を果たしたドロテア。だが、そこで直面したのは、自らの容姿に対して人々が向ける好奇と忌避の視線だった。様々な不安を抱えたまま、ドロテアは初めての戦場に向かう!



著者コメント
著者
ドイツ15世紀末という激動の時代に、「魔女」ドロテアが色んな苦難にぶちあたって、
泥や血にまみれてもへこたれず、ずんずん突き進む姿を楽しんでもらえればと思います。