富士見書房|アジャンスマン:あるいは文化系サークルのラブコメ化を回避する冴えたやりかた

アジャンスマン:あるいは文化系サークルのラブコメ化を回避する冴えたやりかた TOP
休学を経て二度目の高校3年となった留年生・山繭旁は、かつて所属していた部活――伝説の創作集団を生み出した《現代コンテンツ表現調査部会》(通称PR会)の部室を訪れた。「じゃ〜ん! これが私のコスプレ写真です!」「二次元とかマジ生きてるし!」「かわいいよね〜みんな(フィギュアを恍惚と見つめている)」……しかし、すでにここは後輩女子たちがオタトークを繰り広げるだけのゆる〜い空間に一変していた!? だが意外にも、小説、イラスト、声優、コスプレ、それぞれのジャンルで類稀な才能を発揮する彼女たち。旁は再び《改編》の能力を行使することを決意した。新生〈PR会〉始動のために。 新世代オタク少女たちの夢を叶えるべく“創作”でみちびけ!
アジャンスマン:あるいは文化系サークルのラブコメ化を回避する冴えたやりかた CHARACTER
アジャンスマン:あるいは文化系サークルのラブコメ化を回避する冴えたやりかた 試し読み・アンケート
アジャンスマン:あるいは文化系サークルのラブコメ化を回避する冴えたやりかた BOOK
アジャンスマン:あるいは文化系サークルのラブコメ化を回避する冴えたやりかた 最新刊 アジャンスマン:あるいは文化系サークルのラブコメ化を回避する冴えたやりかた