ドラゴンブック・ゲーム関係単行本4月の新刊
4月20日(金)発売
クラヤミクライン

クラヤミクライン

著者:芥邉 雨龍/冒険企画局 カバーイラスト:高木 正文(株式会社ディー・エヌ・エー )

日常から足を踏み外した、狂気と恐怖の支配する物語を体感しよう。

平穏な日常のすぐ隣に潜む異界。まるでホラー映画や恐怖小説のように、殺人鬼、怨霊……あらゆる怪異が徘徊する異世界から、キミは逃れることができるか!?


●忍び寄る怪異と恐怖の物語。「クラヤミクライン」はどんなゲーム?

<キミたちの命を狙う怪異たち>
古びた洋館や裏路地など、日常から一歩ズレた場所にある“異界”。そこには悪霊・怪人・化物といったあらゆる「怪異」が徘徊しています。メリーさんや口裂け女、呪われた洋館に凶悪な殺人鬼など、生者を呪い仲間に引き入れようとする怪異と異界から、生きて日常へと戻ることがキミたちの目的です。

<プレイヤーは何をする?>
ごく普通の一般人であるキミたち。少し違う点といえば、心に「傷」や「闇」を抱えていることだけ。それゆえに異世界に迷い込みやすくあります。恐怖や痛みにさらされ、異世界に侵食されて新たな怪異(破滅者)になる前に、異界の謎を問いたり怪異を打倒し生き延びるのです。いくつもの選択に迫られる中、時には仲間を犠牲にすることも——?

対応PL数:3〜5人
想定時間:1〜3時間

ドラゴンブック・電子書籍4月の新刊
4月20日(金)発売
ブラインド・ミトスRPG シナリオ集

禁書封印譚
ブラインド・ミトスRPG シナリオ集
歪曲せし無限の二日間

原案:安田 均 監修:北沢 慶 著:西岡拓哉/グループSNE

新たな禁書が目覚めた。ブラインド・ミトスRPG待望のシナリオ集が登場!

あなたの本が力となる! グループSNEが贈る現代異能奇譚に待望のシナリオ集が登場! 紐解かれるのは3つの禁書。 紡がれる世界の汚染に、象徴体と一緒に飛び込もう!

「『禁書封印譚 ブラインド・ミトスRPG』はこちら!」はこちら!


●シナリオ1:「トンネル&トレイン・レーン」
 ある日、列車の車輌一輛分の乗客が、突如として消息を絶つという事件が起きた。 ネットに流出した監視カメラの映像——忽然と消える乗客たちの姿を見た視聴者たちは、一様に加工された動画だと考え、事態を深刻にとらえる者はいない。 だが禁書使いたちは、その映像の意味に気づく。 それが、危険な禁書の引き起こした、事件であるということに——。

●シナリオ2:「NINJA - RIDER」
 ある町を賑わす、正義の味方「ニンジャライダー」。 犯罪者の前に突如現れ、容赦なくその体に罪を刻み込むニンジャライダーだが、その存在は人々に恐れられこそすれ、賞賛されることはなかった。 なぜなら、平和な日本の一般的な町で起こる犯罪など、ささやかなもの。にもかかわらず、この正義の味方は、どんな罪でも容赦なく裁くというのだ。しかも、倒された犯罪者たちは、全員外傷もないのに苦しみ続けているという。 果たして、ニンジャライダーの正体は? 禁書使いたちは、その謎を解くことができるのだろうか。

●シナリオ3:「歪曲せし無限の二日間」
 なにも変わらない、平和な日々。 穏やかで、普通で、なんの変哲もない日常。 けれど不思議なことに、今日、これから起きることが、なんとなく予測できる。 すべてが、見たことのある風景。驚くことさえない出来事。ありふれている日常だから、それも当然なのかもしれない。でも、本当に……? 思えば、今日はこれで、何回目だっただろう……。

単行本4月の新刊 4月20日(金)発売
BLAZBLUE

BLAZBLUE
CENTRALFICTION 公式設定資料集

原作・監修:アークシステムワークス カバーイラスト:加藤勇樹(アークシステムワークス)

「BLAZBLUE CENTRAL FICTION」のすべてがここに!

全36体のメインキャラの設定資料に加え、サブキャラの設定やストーリー解説、用語集にプロデューサーインタビューなど「BLAZBLUE CENTRAL FICTION」に関する様々な設定がこの1冊に集約!