ファンタジアBeyond

アクション

俺は怪獣

雑賀礼史

あらすじ
東京の安アパートで眠っていたはずの『俺』は、二日酔いのような最悪の気分で目を覚ます。鱗でびっしりと覆われた皮膚、黒光りする鋭い爪、ボールペンのような大きさで摘めてしまう電柱……目覚めると『俺』は怪獣になっていた!!
眠る前はおろか、過去全ての記憶が思い出せない『俺』は自問自答を繰り返しながら、正確な状況を把握するべく動き出す。その前に現れるのは、自分と同じようなサイズに見えるおばちゃんぽい人の姿!? それからドラゴンまで!?

CHARACTER


目覚めると一切の記憶を失って巨大怪獣となっていた、推測で成年男子だろう存在。悪い夢だと思いたいところだったが……。

著者Profile

『龍炎使いの牙』で第5回ファンタジア長編小説大賞の奨励賞を受賞、同作でデビュー。高校教師にして格闘家である南雲慶一郎が、異世界に召還されて活躍する『召喚教師リアルバウトハイスクール』は、EX、アーリー・デイズとシリーズ展開する大ヒット作となり、コミカライズやアニメ化もされた。他に『ルースターズ』など。